>

企業によるレンタルスペース利用の今後の展望

レンタルスペースとセットの新たなプラン

単発のイベントや会議のために、レンタルスペースを企業がレンタルする例が多く見られるようになってきた。たとえば、「イベント企画・運営支援サービス」である。これは、そのレンタルスペースを借りて行われるイベントのために、その企画や運営を支援するというプランである。まるで結婚式場のプランナーと同じように、プランニングやプロデュースをお手伝いしてくれる人がつくのだ。当然、そういった人はそのスペースの応用方法や機材について知り尽くしているわけで、味方に付ければこれほど頼りになる人もいないとも思われる。
また、機材や設備をさらに充実させたレンタルスペースも増えると思われる。プロジェクターだけでなくホワイトボードや、マーカーまで用意してくれていれば、使う方も使いやすく、リピーターも増えるだろう。

おしゃれ会議室

普通の社内で行う会議より、いつもと違う環境で行う会議の方が、特別感があって身が引き締まる思いはしないだろうか。新宿や品川に増えているのは、こうしたありきたりな閉塞感がある普遍的な会議室ではない、「おしゃれ会議室」である。
インターネット上には、すでにおしゃれな会議室を一覧にして紹介してくれるサイトまで存在する。こうしたサイトを利用して、利用者は一気にレンタルスペースを検索し、目的とする部屋を探すことができるのだ。こうした検索サイトやサービスは、今後さらに数を増していくことだろう。
こうした会議室に大切なことは、まずは立地である。駅からどのくらい近いか。そして、広さと備品。さらに、色調などの統一感、きれいさも、おしゃれという点で重要視されると考えられる。そうしたコンセプトをもった部屋が増えていくと思われる。


この記事をシェアする